ローソンから「食べマス 鬼滅の刃」と「鬼滅の刃タルト」販売!値段・カロリーも調査!

ローソンから「食べマス 鬼滅の刃」と「鬼滅の刃タルト」が発売されると話題です。

鬼滅の刃は、社会現象と言えるほどの人気を呼んでいますよね。

「食べマス 鬼滅の刃」と「鬼滅の刃タルト」、特に「食べマス 鬼滅の刃」は 細かい部分も再現したファン必食の一品になっているようです。

ちなみに、食べマスは和菓子でできた食べられるマスコットで、キャラクターを再現した“食べられるマスコット”。

ここでは、「食べマス 鬼滅の刃」と「鬼滅の刃タルト」の新商品がいつ発売されるのか、値段、カロリー、合わせて商品の特長をお伝えします。

ローソン「食べマス 鬼滅の刃」と「鬼滅の刃タルト」発売日と値段・カロリー

食べマス 鬼滅の刃・鬼滅の刃タルトの発売日は、10月20日(火)です。

ローソン(ナチュラルローソン、ローソンストア100を除く)のチルドデザートコーナーで発売されます。

食べマス 鬼滅の刃

価格 ⇒ 285円(税込)。数量限定。

 

カロリー ⇒ 120Kcal

 

【引用 bandai公式サイト

鬼滅の刃タルト

価格 ⇒ 各249円(税込)。数量限定。

食べマス 鬼滅の刃・鬼滅の刃タルトの特長

TVアニメ「鬼滅の刃」の人気キャラクター“竈門炭治郎”と“竈門禰豆子”をかたどった「食べマス 鬼滅の刃」

炭治郎の額の傷痕や耳飾り、禰豆子は竹筒や紐、髪飾りなどの細かい部分も再現。

また、両商品とも可愛らしい顔と共に、モチーフである羽織や着物の模様も再現。

市松模様と麻の葉模様を食べられる練り切りで再現しています。

「食べられるマスコット」の名の通り、2キャラクターそれぞれのチャームポイントをぽってりとした“練り切り”で表現しました。

中の餡の味は和菓子ならではの繊細な味わいを残しつつも、竈門炭治郎はチョコレート味、竈門禰豆子は苺味の餡の2種類がラインナップ。

見た目も楽しむことができ、思わず2個並べて写真に収めたくなるフォトジェニックな商品です。

美麗デザインプリントが施された「鬼滅の刃タルト」

ビスキーな食感のタルト生地に秋らしい“キャラメル風味”のムースを絞った、風味豊かなタルト。

ムースの上にはオリジナルデザインプリントフィルムをのせており、キャラクターごとのモチーフである色合いを再現しています。

フィルムは“竈門炭治郎”・“竈門禰豆子”・“我妻善逸”・“嘴平伊之助”・“冨岡義勇”・“胡蝶しのぶ”の全6種。

食べマス 鬼滅の刃・鬼滅の刃タルトの栄養成分

【食べマス 鬼滅の刃 竈門炭治郎】

●栄養成分 [製品1個(40g)当たり]
熱量120kcal/
たんぱく質2.5g/
脂質0.4g/
炭水化物27g/
食塩相当量0.013g
●原材料名:白生餡、砂糖、加糖餡(いんげん豆、砂糖、その他)、還元水飴、餅粉、上用粉(うるち米)、麦芽糖、植物油脂/甘味料(ソルビット)、着色料(カロテノイド、紅麹、炭末、クチナシ)、酵素、乳化剤、香料
●特定原材料等(28品目):大豆
●着色料:彩色にはすべて天然由来色素を使用。

【食べマス 鬼滅の刃 竈門禰豆子】

●栄養成分:[製品1個(40g)当たり]
熱量121kcal/
たんぱく質2.0g/
脂質0.3g/
炭水化物27g/
食塩相当量0.013g
●原材料名:白生餡、砂糖、加糖餡(生餡、砂糖、いちご、その他)、還元水飴、餅粉/着色料(炭末、カロテノイド、クチナシ、紅麹)、酵素
●特定原材料等(28品目):大豆
●着色料:彩色にはすべて天然由来色素を使用。

SNS上の口コミ

まとめ

「食べマス 鬼滅の刃」と「鬼滅の刃タルト」のいつ発売されるのか、値段、カロリー、商品の特長をお伝えしました。

可愛くて、食べるのがもったいないと思う方もいますよね、きっと。

いつまで販売するのか公表されていませんが、数量限定なので、ローソンで見つけたら、迷わずゲットすることをおススメします。(^-^)