便秘解消ならコレ! カギを握る成分〇〇酸を大腸に届ける食材は・・・|たけしの家庭の医学 

2018年5月15日の「たけしの家庭の医学」は、便秘解消新食材の特集でした。

横浜市立大学大学院主任教授の中島淳先生によると、最近の研究で「便秘症」には心筋梗塞や脳梗塞の発症リスクがあると分かっているそう。

便秘で腸内に便が溜まると、毒素が大量に発生。

そして毒素が血管を傷つけるため、さまざまな病の原因につながってしまいます。

たかが便秘と考えず、すぐに解消することが大切なようです。

ここでは、便秘解消のカギを握る成分や、なかなか治らない便秘の解消に効果が期待される食材のことをまとめました。

便秘で心筋梗塞や脳梗塞のリスクが2倍に!

動脈硬化などが原因で血管が詰まり心臓や脳が壊死する心筋梗塞や脳梗塞、最悪の場合死に直結する恐ろしい病ですが、この心筋梗塞や脳梗塞の発症リスクとして、医学界で注目されている症状が便秘症なんだそうです。

腸内にたまった便によって毒素が大量発生し、その毒素が血管を傷つけ病の発症につながると考えられているようです。

アメリカの権威ある医学雑誌(The American Journal of Gastroenterology)に掲載された論文でも、慢性的な便秘がある人の15年後の心筋梗塞や、脳梗塞などによる死亡率は、便秘でない人に比べ2倍近いと報告されているそうなんです。

なので、たかが便秘と軽く考えず、便秘はすぐに解消することが大切。

便秘解消のカギを握る成分とは?

街角調査によると便秘対策として、食物繊維や発酵食品が挙げられていました。

食物繊維は、便のカサを増し腸内の便を押し出すと言われ、発酵食品は、腸内細菌の状態を正常化して腸の運動を促進し、排便を促すと言われています。

番組でとり上げた便秘解消食材は違うアプローチで腸に作用し、便秘解消効果が期待できます。

便秘解消のカギは胆汁酸

番組では便秘の人と快便の人の便を徹底比較し便秘解消のカギを探りました。

50代以上の便秘気味の女性4人と快便の女性1人で検証。

採便し成分を15日間かけて分析した結果、快便の人と便秘の人との便にはっきりした違いが判明しました。

それは便に含まれるある成分の量の違いなのですが、便秘の人は快便の人の半分程度でした。

その成分というのが、胆汁酸

便秘治療のエキスパート、横浜市立大学大学院・肝胆膵消化器病学教室・主任教授中島淳先生によれば、今便秘研究の分野での最新のトピックスで注目されている便秘解消のカギを握るのがこの胆汁酸と呼ばれる成分で、この胆汁酸を多く出せている人は、便秘にならないと考えられているのだと。

胆汁酸は便の形成と排出のスイッチの役割をすることがわかってきていて、便秘の方は、胆汁酸が大腸にたくさん届いたほうがいいのだそう。

便秘解消が期待できる食材・・・エシャレット

便秘解消食材を摂ると、大腸に届く胆汁酸の量が変わります。

一般的な食材だと胆汁酸はほとんど小腸で吸収されるため、少量しか大腸に届きません。

便秘症の人はなぜか大腸に届く胆汁酸の量がさらに減ってしまうため、治りにくい便秘症になることがわかってきたそう。

便秘解消食材は胆汁酸を吸着する成分が多く、大腸に胆汁酸を効果的に届けます。

胆汁酸は誰もが体内にもつ消化液の一種で、この胆汁酸が食べたものと一緒に大腸に到達すると、大腸が活発に動き出し、便を作ったり、作った便を肛門まで運んだりと、排便機能を活発にする効果があることが近年の研究からわかってきたそう。

胆汁酸の量を増やせる便秘解消食材

胆汁酸を大腸に効果的に届けられる食べ物というのが、特産地は静岡・浜松市で、その食材はエシャレット

生食できるラッキョウです。

胆汁酸は小腸で吸収され、大腸にほとんど届かないのですが、水溶性食物繊維を含む食べものを食べると、水溶性食物繊維が胆汁酸を包み込み、小腸で吸収されるのを阻止、大腸にまで届いた胆汁酸が大腸の動きを活発にし便秘を解消すると考えられているのだそう。

水溶性食物繊維を含む量が生で食べられる野菜の中で最も多いもののひとつが、エシャレット

便秘解消が期待できる水溶性食物繊維の量は1日6g。エシャレット約8本。

効率よく食べる方法は?

エシャレット農家の脇田さん一家が便秘解消食材エシャレットの効果的な調理法を教えてくれました。

【エシャレット餃子(30個分)】

1.エシャレット50本を粗いみじん切りに
2.豚挽き肉(200g)と混ぜる
3.味付けをしたら、こねてアンを作る
4.餃子の皮で包む
5.包んだ餃子をフライパンで蒸し焼きして完成

そのほか、

・生エシャレットにみそをつけて食べる
・エシャレットパスタ
・エシャレットの天ぷら
加熱して料理に混ぜることで、大量のエシャレットを摂取できます。

番組では、50年便秘に悩む主婦が5日間便秘解消エシャレット生活に挑み、生エシャレット、酢みそ、エシャレットピザ、エシャレット納豆、エシャレット親子丼などにして、エシャレットを1日6g、約8本を食べることでかなりの確率で排便効果を得ることがでました。

まとめ

便秘が心筋梗塞や脳梗塞の発症リスクになるとは怖いですね。

なかなか治らない便秘に悩んでいる方は、エシャレットを試してみる価値はあるかもしれませんネ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です