夏こそ食べたいバナナ最強説の健康まるわかり|名医のTHE太鼓判

2019年6月17日(月)放送のTBS系「名医のTHE太鼓判!」は、~薬と同じ!?バナナの驚きの効果を大検証~というテーマで特集されました。

日本人の果物消費量がNo.1というバナナ、夏こそ食べたい知られざる健康効果がありそうです。

バナナで様々な検証を行った結果、なんと!薬と同じような効果が得られたというんです。

バナナを研究して50年、ご自身もバナナ大好きという実践女子大学の田島眞名誉教授と、全国各地で体に良いものを探求している(?)呼吸器内科の大谷義夫先生が教えてくださった内容をまとめました。

田島名誉教授によれば、バナナは1人あたり1年間で6キロ購入しているそうです(だいたい30本に相当)。

14年連続で日本人に一番食べられている果物なんだそう。

ちなみに私はほぼ毎日1本は食べています♪

【一人当たりの果物購入量(kg)】

バナナ…6.0
みかん…3.5
りんご…4.3

日本バナナ輸入組合調べ

では、健康食材バナナ最強説をみていきましょう。

バナナは寝つきをよくする

田島先生によると、バナナにはトリプトファンというアミノ酸が豊富に含まれていて、脳の中でセロトニンという睡眠導入物質に変わるため、とても寝つきが良くなると。

ちなみに、バナナはどの部分が美味しいのかというと、実際にバナナの糖度を部分的に計測すると、柄に近い部分は17.8度、真ん中20.3度、柄から遠い部分22.1度と、柄から遠い部分が甘くて美味しそうですよ。

バナナは、はじめ下向きに生えますが、柄から遠い部分に花を咲かせ、花は光合成をしようと上向きに反り返り、太陽の光を浴びて光合成をすると糖分を作り出すため、この部分が美味しくなるのだそう。

なので、バナナはお尻(柄から遠い部分)が甘くなるんですね。

バナナは夏に起こる突然死を予防する!?

大谷先生によれば、脳血管障害は冬に多いイメージがありますが、実は脳梗塞は夏に一番多く、バナナは夏に起こる突然死を予防してくれるので、夏こそ食べてほしいと。

夏に多い脳梗塞は、実は気温の変化が大きく関係しているようなんです。

30℃以上になると脳梗塞による死亡率が上昇し、32℃を超えると脳梗塞による死亡リスクは1.66倍まで上昇するそうです。

気温が上がると体温も上がり、体は熱を下げようと大量に汗をかきますが、大量に汗をかくと体内の水分が減って、血液の粘土が高まってドロドロになってしまうのだと。

夏の突然死は、脱水から始まる血栓、そしてそれによる脳梗塞のリスクが上がるということが問題と。

夏の血栓を防ぐ注目の成分

バナナに含まれるカリウムが、猛暑で固まりやすくなったドロドロの血液をサラサラにして、血栓をできにくくするという報告があるといいます。

【血栓を予防するバナナのカリウムを他の人気の果物との比較】

【可食部100gあたりのカリウム含有量(mg)】

バナナ…360
みかん…130
りんご…120

出典:日本食品標準成分表(2018)

バナナのカリウム含有量は、一般的な果物の中で、No.1なんです!

さらに、カリウムは体の中の余分な塩分を外に出してくれるので、血圧を下げる作用、血管を柔らかくして血管年齢を良くするという作用という、夏血栓に対してダブルの効果があるといいます。

バナナ生活で血圧改善

番組では、夏の突然死のリスクが高い血圧が高めの3人の、1週間1日2本のバナナ生活で検証しました。

主婦(54)    血圧 190 血管年齢 67
自営業男性(59) 血圧 172 血管年齢 67
主婦(59)    血圧 152 血管年齢 59

54歳の主婦の方は、血圧が190 ⇒ 164、血管年齢も67 ⇒ 61と若返っていました。

59歳の自営業の男性は、172あった血圧(基準値135未満)が1週間のバナナ生活で40低下の132と基準値内に改善。

59歳の主婦は、なんと血管年齢が59から42、17歳も若返りました。

注意
腎臓に問題がある方は、かかりつけの医師などと相談の上バナナを摂取してくださいネ。

国産バナナに夏の突然死を予防するすごい効果

大谷先生は、国産のバナナに夏の突然死を予防するすごい効果が期待できるといいます。

でも、国産バナナって見かけませんよね。。。

それもそのはず、日本に流通している国産バナナの割合はわずか0.01%なんです。

健康効果を紹介する前に、あまり見かけない国産バナナの特徴をお伝えしますね。

国産バナナの特徴

一般的なバナナと比較すると皮が薄く、国産で無農薬で作られているので皮ごと食べられるそうなんです。

宮崎大学農学部宇 小川健二郎博士によると、果物や野菜の皮は凄く栄養が多く、バナナの皮も抗酸化作用や抗炎症作用があるポリフェノールという成分が含まれていることがわかっていると。

バナナの皮には、ポリフェノールをはじめカリウム食物繊維オリゴ糖トリプトファンなどの栄養素も豊富に含まれています

ちなみに、宮崎県川南町、道の駅「つの」では 国産バナナ販売されていました(1本680円)。

皮の薄い国産バナナはもちもちして、ソフトクリームを食べているようなとろける食感なんだそう。

最近では、東京のスーパーでも販売されていると紹介されたのが、桜新町店押上駅前店ムスブ田町店(1本698円)。

ところで、バナナの樹液には、バナナの栄養素が全部詰まっていて、樹液をたっぷり吸ったバナナは皮が薄くなるそうなんです。

田島先生によると、海外で生産されるバナナは輸出までに時間がかかるので樹液を吸うことができないので、皮が厚くなるのだそう。

海外で生産されるバナナは、樹液を十分に吸収する前に収穫されるので、皮が厚くなる一方、国産のバナナは、出荷ぎりぎりまで樹液を吸うので、身が大きくなり、皮が薄くなると。

注意
皮ごと食べられるバナナは無農薬で栽培されたものなどに限ります。

 

国産バナナが 楽天ショップにありましたが、道の駅やスーパーよりもさらにお高い。。。(>_<)

バナナの皮で夏の血栓を予防する効果を検証

小川先生によると、皮の中にポリフェノールがたくさん入っていると、いろんな病気の原因になる活性酸素を消すことができ、血管のダメージにつながったり血液の流れに影響すると考えれているといいます。

【バナナの抗酸化作用】

皮…38%
実…3.5%

宮崎大学の実験条件に基づく結果

バナナの皮にはなんと、10倍もの抗酸化力があったんです。

毎日国産バナナを食べているというバナナ農園社長の内田さん(69歳)の血管年齢を計測すると、実年齢69歳のところ、血管年齢はなんと32歳!

大谷先生は、池袋の自身のクリニックで血管年齢を測っても、マイナス30数歳という方は見たことがないと。

国産バナナのパワーって凄い!ですネ!

ポリフェノールを逃がさないバナナの最強の保存方法

バナナの皮に黒い斑点がある方が、ない方に比べて栄養が豊富なんだそう。

黒い斑点があるバナナと黒い斑点がないバナナ、栄養豊富なのはどっちだと思います?

田島先生によると、黒い斑点はシュガースポットと言われ、その正体はポリフェノールシュガースポットが出たバナナはポリフェノールが2倍になっているのだそう。

この黒い斑点、シュガースポットが出るとポリフェノールがなんと2倍にUP!

その含有量は、ポリフェノールが多いとされるぶどうのほぼ倍の量

熟したバナナは甘さだけではなく、夏の血栓を防ぎ、突然死を予防する最強の食材のようです。

でも、ポリフェノールが2倍になったといっても、黒い斑点がついたバナナは、日持ちしなさそうですよね。

この時期だと、2~3日もすると傷んでしまいますが、ポリフェノールが2倍になったバナナを最高の状態でキープする方法を管理栄養士、赤石定典先生が教えてくださいました。

今の時期、バナナを最高の状態で食べるには、冷凍バナナがいいそうです!

熟しすぎた状態、傷んできた状態では、ポリフェノールを始めとした栄養素が下がってしまって美味しく食べられないと。

バナナに限らず、果物や野菜は収穫してから呼吸をしているのですが、冷凍することによってその呼吸を止めることができるので、傷みを防ぐことができると。

バナナは傷むとポリフェノールの量が低下してしまうんですね。

そのため、シュガースポットの出たバナナを、食べやすい大きさに切って冷凍すれば、倍増したポリフェノールの状態を美味しくキープでき、1ヶ月の保存が可能だそう。

バナナ生活で尿酸値改善

番組では、突然死のリスクを探るため、ゲストの方々の血液検査を実施していました。

すると、お笑い芸人のかまいたちのお二人に、揃って数値が悪かった項目があったのですが、それが尿酸値

尿酸値の基準値は7未満のところ、お二人とも異常値でした。

【尿酸値(基準値3.8~7)】

濱家隆一さん(35)…10.2
山内健司さん(38)…7.9

濱家さんは、28歳のときに通風を発症して、そこから7年間で10回以上の発作を経験しているそう。

暴飲暴食などが原因で、足指付け根などが腫れあがり、激痛を伴う痛風ですが、患者数は100万人以上、予備軍は1000万人とも。

大谷先生によれば、尿酸が高いのは食生活が非常に重要ですが、脱水も関係してしまうと。

バナナは尿をアルカリ性に傾けてくれ、尿酸値を下げて通風発作も起きづらくすると。

そこでお二人には、1日2本のバナナを1週間食べるというバナナ生活に挑戦しました。

ルールは、食生活は変えずに朝昼夜のどこかで2本のバナナを食べるだけというもの。

そして、1週間のバナナ生活で尿酸値の改善がみられたんです!

 【尿酸値(基準値3.8~7)】

濱家隆一さん(35)…8.3
山内健司さん(38)…7.6

濱家さんについては、お酒も普通に飲んでいたようですが、大幅な改善みられました。

この結果に、大谷先生も驚いていました。

尿酸値っていうのはそんなに簡単には下がらないそうですが、特に濱家さんは2下がり、2下げるには「薬を飲んだのかな?」っていうぐらいのレベルのようなんです。

かまいたちさんお二人の今回の尿酸値の改善は、今回のテーマの~薬と同じ!?バナナの驚きの効果~を1週間でみられたことになります。

尿酸値が高い方は、試してみる価値ありそうでネ!

まとめ

バナナは皮をむくだけで食べられ、美味しいこともありますし、便秘予防にと思ってほとんど毎日1本日食べていますが、血栓予防や血圧、尿酸値まで改善されるとは凄いパワーがあるんですね。

血圧や尿酸値に異常がみられたら、1日2本食べるようにしようと思います。(^.^)