福島県奥会津 霧幻峡(むげんきょう)の渡しの場所・行き方・料金・予約は?

ここ数年、JR只見線 早戸駅周辺の「霧幻峡の渡し」が人気を集めているようです。

約半世紀前に一度姿を消したこの渡し船を復活運航させたのは、奥会津と只見線の郷土写真家、星賢孝さん。

かつてここにはたくさんの渡し船が行き交っていたそうです。

昔ながらの手漕ぎの渡舟に乗車し、この夢幻峡を渡るのが近年とても人気なのだそう。

きれいな場所なのでぜひ行ってみたいと思って、場所や行き方、料金、予約方法など調べてみました。

【追記 霧幻峡の渡し新型コロナウイルス対策について】

平素より当施設をご利用いただき誠にありがとうございます。

当協会では新型コロナウイルス感染拡大防止対策として下記の通りの対応とさせていただきますので、ご理解ご協力よろしくお願いいたします。

【営業時間】当面の間、日中のみの営業(9:00~15:30出航)

【内容】舟のみの周遊(旧三更地区の散策はありません。)

【運航時間・料金】
1予約あたり1時間
3名まで5,000円、4名以上は1名あたり1,500円

【感染防止の対応】
・最大乗客人数を半数とする。(1艘あたり5~6名)
・アルコール消毒液の設置
・不特定の方が触れる箇所の定期的な消毒
・職員のマスク着用、毎日の検温
・お客様の検温

引用:https://www.mugenkyo.info/

福島県奥会津 霧幻峡の渡しの場所と行き方

霧幻峡と呼ばれるのは、福島県の奥会津地方、三島町と金山町とにまたがる只見川沿いの渓谷のことで、正式名称ではなく観光地としての名前なんです。

只見川沿いに集落が点在して、冬は積雪が2メートルにもなる豪雪地域。

この霧幻峡で運航されている渡し船が「霧幻峡の渡し」です。

三島町にある早戸温泉から金山町三更(みふけ)の廃村跡がある地域へと渡る渡し舟です。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@tamatamatamamaがシェアした投稿

三更は、50年ほど前に消滅した小さな廃村集落です。

画像に見える青い屋根の家は300年前から町に唯一残っている古民家です。

船着場住所:福島県大沼郡三島町早戸湯ノ平888(早戸温泉つるの湯 船着場)

アクセス

・車    高速・東北自動車道~郡山JC~(磐越自動車道)坂下・柳津IC~国道252号線で三島町・早戸温泉つるの湯の駐車場へ(30台分)。

渡し船は近くの船着き場から乗船。(坂下・柳津ICより25分)

JR鉄道  JR只見線・早戸駅下車 徒歩10分 早戸温泉つるの湯へ到着(渡し船は近くの船着き場から乗船)

霧幻峡の渡しの基本情報

営業期間

4月下旬~11月下旬までの土日祝日の予約時のみ運行(4名以上)*5日前までの予約制です。

霧幻峡の渡しの出航時間

9:00~17:00(11月~16:00)

乗船料金

5000円(3名まで)、1500円/人(4名以上)、1300円/人(20名以上)

ツアー時間 

約1時間早戸温泉船着場~(船:約15分)~霧幻峡・旧三更地区(徒歩:約30分)~(船:約15分)~早戸温泉船着場)

予約・問い合わせ 金山町観光物産協会 電話 0241-42-7211

霧幻峡の渡し WEB予約申し込み

◯予約は仮予約になります。確定メールをもって、本予約となります。
◯ 本日より5日後以降の予約が可能です。

注意 河川の状況や、雨風等気象状況により運航が急に中止となる場合があります。

消滅集落三更(みふけ)を「霧幻峡の渡し」で復活させた星賢孝(ほしけんこう)さん

この幻想的な風景が見られるようになったのは、霧幻峡プロジェクト責任者の郷土写真家である星賢孝(ほしけんこう)さんが渡し舟を復活させた事がはじまりです。

かつて、川幅の広い只見川をはさんでJR早戸駅の対岸にあったのが、戸数わずか10戸ほどで100人前後が暮らしていた三更という集落です。

この三更では全戸が渡し舟を持ち、対岸へと渡る交通手段として住民自らが船頭となって行き来していたそうです。

でも、この奥で行われていた硫黄採掘のため三更集落の地盤が不安定になって、1964年に山崩れが起きたため住民は集団で土地を離れざるをえなくなりました。

最後の住民が三更を離れた1964年以来、村は廃村、そしてこの渡し船のは途絶えてしまいました。

この渡し船を復活させたのが、かつてこの三更で育ち、自ら渡し船を漕いでいた星さん。

もう一度、三更集落がこのまま忘れ去られてしまうのが不本で、なんとか復活させたいという強い思いを持っている方です。

そこで、地域活性化のためにこの渡し船の復活を計画して、「霧幻峡プロジェクト」の中心として2艘の手漕ぎ船を作って、2010年に定期運航を開始したんです。

まとめ

夏の朝と夕に霧に包まれて、まるで夢のような景色になることからその名前が付いたという霧幻峡の渡しですが、これからは紅葉も合わせて楽しめそうですね。

是非訪れてみたい場所です。