線虫がん検査「N-NOSE(エヌノーズ)」 一般に受けられる施設公開

最近話題の線虫がん検査サービス「N-NOSE(エヌノーズ)」ですが、検査を受けられる施設が公表されました。

地球上にありふれた生物「線虫」を活用して、尿からがんの有無を判別するサービスで、2020年1月からの実用化が宣言されていましたが、このサービスを手掛けるHIROTSUバイオサイエンスが、同社のホームページ上で公開しています。

一般に検査を受けられる施設

現在N-NOSE検査は、法人や健康保険組合などを通した検査が主軸のようですが、今回一般に検査を受けられる施設が公開されました。

まずは、

医療法人社団朋翔会 弥生ファーストクリニック
〒164-0012
東京都中野区本町2丁目46番1号 中野坂上サンブライトツイン3階

【追記 2020年3月】

また、N-NOSE検査に関して
N-NOSE検査はがんの存在の発見には大変有用ですが、がんの部位や大きさなどを特定するものではないことから、N-NOSE検査の単体での予約は受け付けていないようです。弥生ファーストクリニックでは、より正確にがんをスクリーニングする目的でN-NOSE検査単独での実施ではなく、画像診断検査等を併用して受診するオリジナルの「N-NOSEがんスクリーニング」コースを提供しています。
※当クリニックではN-NOSEは単独での検査を実施しておりません。

詳細は、弥生ファーストクリニックのHPでチェックしてくださいね。

 

医療法人エミリオ森口 芝浦スリーワンクリニック
〒105-0023
東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング1階プラザ111内

詳細は、芝浦スリーワンクリニックHPでチェックしてくださいね。

の2施設。

追って、
特定医療法人弘医会 福岡鳥飼病院 (3月受付開始予定)
〒814-0103
福岡県福岡市城南区鳥飼6丁目8番5号

 

医療法人社団 新町クリニック健康管理センター (4月受付開始予定)
〒198-0024
東京都青梅市新町3-53-5

 

医療法人同愛会 小澤病院 (4月受付開始予定)
〒250-0012
神奈川県小田原市本町1丁目1番17号

が、3~4月にかけて受付開始予定となっています。

それ以外にも2月以降に受付開始となる施設が複数あるようで、準備が整い次第順次公開になります。

HIROTSUバイオサイエンス公式サイト

N-NOSE検査の流れ

N-NOSE検査の流れ

N-NOSE取り扱い施設へ検査の申し込み

N-NOSE取り扱い施設にて採尿

凍らせた尿検体が検査センターへ運ばれます。

N-NOSE検査センターにて検査実施

検査結果票を当該施設へ送付します。

当該施設からあなたへ検査結果を報告

このような流れで行われる検査が、公開された施設で一般に検査を受けられるようになったんですね。

N-NOSEは、そもそも本来受けるべきがん検診の受診率の低さを解消するため、「1次スクリーニング」としての簡便・安価な検査サービスと位置付けられてて、15種類のがんの「どれかがある」というリスクは判定できるのですが、がんの種類やステージは判定できません。

もし、N-NOSE検査でがん罹患の疑いがあるとの判定が出た場合は、まずは本来受けるべき5大がん検診を受けるといった流れになります。

「N-NOSE」が反応するがん種

現在(2019年9月の段階)、「N-NOSE」が反応することがわかっているのは、以下の15種類のがんが公表されています。

  • 大腸
  • 膵臓
  • 前立腺
  • 子宮
  • 食道
  • 胆嚢
  • 胆管
  • 膀胱
  • 卵巣
  • 口腔
  • 咽頭

まとめ

 

【線虫がん検査 関連記事】

がん検査 尿1滴でわかる線虫がん検査「N-NOSE(エヌノーズ)」って? いつから? わかりやすく解説