新型コロナウイルス対策に海藻のアオサが有効!?

新型コロナウイルスは、日本国内での感染の拡大が懸念されていますが、様々な研究が進んでいることも確かですね。

中部大学では、沖縄料理に欠かせない海藻のアオサに、新型コロナウイルス対策になるような成分(ラムナン硫酸)が含まれていることを発表しています。

アオサがヒトコロナウイルスを抑制 「新型」へも効果期待 中部大チーム確認

中部大学(愛知県)の研究チームは24日までに、沖縄料理にも欠かせない海藻のアーサ(アオサ、ヒトエグサ)に、ヒトコロナウイルスの抗体を増やす効果があることを確認したと発表した。アオサに含まれるラムナン硫酸という多糖類(食物繊維)にウイルスの増殖を抑える効果も確認されたという。世界的にも感染の拡大が続いている新型コロナウイルスも構造が似ていることから、研究チームは新型ウイルスにも効果があると期待している。

現在、中国を発生源として世界中にまん延しつつある新型コロナウイルスは、動物から人間に感染したとみられていますが、ヒトからヒトに感染するヒトコロナウイルスと新型コロナウイルスの構造は類似していて、新型にもラムナン硫酸の効果があると期待できそうなんですね。

ウイルスの特徴

ウイルスは遺伝子としてDNA(デオキシリボ核酸)かRNA(リボ核酸)のいずれかを持ち、生きた細胞に寄生すると増殖できます。

そして、表面をタンパク質や脂肪の膜(エンベロープ)で覆ったタイプと覆わないタイプに大別できます。

ヒトコロナウイルスと新型コロナウイルス、他に麻疹ウイルスやおたふくかぜウイルス、A型インフルエンザウイルス、エイズウイルスもエンベロープとRNAを持つ点で共通しているそう。

ヒトコロナウイルスだけでなくこれら他のウイルスについてもラムナン硫酸がウイルスの増殖を抑える効果を持つことを確認したようです。

ヒトコロナウイルスの感染実験に用いることができる動物はいないので、ヒトコロナウイルスの代わりに同じくエンベロープとRNAを持つA型インフルエンザウイルスを用いて感染マウスに対するラムナン硫酸の効果を調べたそうです。

その結果、ウイルスに感染させたマウスにラムナン硫酸を与えたところ3日後のウイルスの量が半減。

マウスの体内にはラムナン硫酸を与えなくても一定量の抗体はできたのですが、ラムナン硫酸を投与すると抗体は7日で約1.5倍、14日で約2.3倍と大きく増殖したそうです。

こうした実験データから、研究チームはラムナン硫酸が、ウイルスのエンベロープ中のタンパク質が生細胞へ付着しようとするのを阻害する、腸管に集中する免疫細胞を活性化して抗体の産生を促進する2つの効果を持つと考えています。

今後、新型コロナウイルスの性質を調査中の医療機関と協力し、ラムナン硫酸の効果を検討したいと考えているとも。

ウイルス感染の治療には、感染によって引き起こされる病気の治療薬や抗体を作るためのワクチンを用いる方法もありますが、治療薬の開発には多額の費用と長い開発期間が必要となります。

一方のワクチンは無毒化したウイルスあるいは毒性を弱めたウイルスで作るのですが、RNA型ウイルスのエンベロープにあるタンパク質は構造が変化しやすく、そのため長時間かけてワクチンが完成した時には効き目が無くなっている可能性もあると。

それに対してラムナン硫酸は、体内で常に異物と認識されて免疫細胞を元気づけるため、ウイルスがやってきた時には素早く抗体を作り出すことができ、しかもそのウイルスがどのような種類であっても対応できるという特性を持っているといいます。

研究チームは今後、コロナウイルス対策に特化した商品の開発も視野にいれているようなので、早期に開発されるといいですね。

アオサ

あおさは、ヒトエグサのことを方言で表した言葉で、一般にはあおさ、またはあおさのりと呼び、と、沖縄県で『アーサ』と呼ばれています。
アオサは、主に佃煮の原料として使われる海苔の一種です。
アオサの採苗の時期は9月中旬から10月上旬にかけて行われ、採取時期は1月から5月にかけて数回に分けて行われます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

沖縄・石垣島より♪アーサ(アオサ)10g☆彡お味噌汁にいかが?
価格:350円(税込、送料別) (2020/2/25時点)

楽天で購入

 

 

まとめ

新型コロナウイルスの感染が早く収束してくれることを願うばかりです。

今回の記事は研究段階ですが、食べるもので予防ができるならこれに越したことはないですよね。