バターの栄養成分にすごい3つの健康効果!?|今でしょ!講座

2020年3月10日放送の朝日テレビ系「林修の今でしょ!講座」のテーマは、

・「ハチミツ」VS「バター」驚きの健康パワーを学ぶ!

でした。

食生活からウイルスと戦う特別企画で、健康長寿の方も食べているという、この時期食べると意味がある「ハチミツ」vs「バター」の特集でしたが、ここでは、バターの健康パワーについてまとめています。

教えてくださったのは、乳製品の研究を30年続けているというバター博士の日本獣医生命科学大学 佐藤薫准教授でした。

1日10g摂ると、様々な健康効果が期待できるといいます。

バターは太るというマイナスイメージを覆えす栄養成分と免疫力のUPなど3つの健康パワーをお伝えします。

バターの3つの健康効果

免疫力アップ

感染対策症に!バターを食べて免疫力アップする成分

1日わずか10gのバターに、体を健康にしてくれる魔法が含まれている!?

10gのバターの成分が免疫力をUPしてくれるといいます。

今注目のウイルスですが、バターにはウイルスを予防する効果を持つ成分が含まれているようです。

新型コロナウイルス、インフルエンザなどのウイルスは、皮膚の粘膜に付着することで発症しますが、それは、体の免疫力が低下しているとき。

体の免疫力が低下するとウイルスに感染しやすいんですね。

バター博士によれば、バターには免疫力を上げる栄養素が含まれています。

それは、ビタミンA

ビタミンAが腸まで届いて、免疫細胞を活性化し、ウイルスの侵入を防ぐことが知られているそうです。

バターの原料は、牛乳。

免疫力を上げるビタミンAは、バターになることですごいパワーになるそう。

牛乳をバターにすると、ビタミンAが約13倍に

これは、バターが原料となる牛乳の脂肪分を凝縮していつくられているからなんですね。

健康長寿の方は、免疫力をより効果的にUPさせる食べ方をしているようです。

免疫力をよりUPさせる成分を含むバター料理は?

北海道標茶町の力武牧場、78歳で現役で働いている力武さんが作っていたのは、

・ほうれん草ともやしのバター炒め

普通の油よりコクがあるそう。

ビタミンAは、脂溶性ビタミンで油に溶けるビタミン、さらにほうれん草にもビタミンAが入っているので、バターと一緒に炒めることで、油と一緒になって、ビタミンAが体内に吸収されていき、吸収率があがるので、効率的に摂れるということに。

さらに、

・じゃがバター

バターの中にはビタミンAのほかにビタミンEも入っていて、じゃがいもにはビタミンCが入っているので、あわせてビタミンACEといわれ、免疫力をUPすると。

じゃがいものビタミンCは過熱しても分解されにくいそうです。

ちなみに、ハチミツの中にはオリゴ糖が含まれていて、善玉菌のエサになり、オリゴ糖が腸内環境を整え、免疫力を上げてくれます。

脂肪を燃焼

脂肪を燃焼する成分

バターは太りそう、というイメージを10gのバターが覆す!?

バターの脂肪を味方にすると、脂肪を燃焼する効果が期待できるようです。

バターは脂肪分を集めたものなので、たしかにカロリーはあります。

バターには脂が入っていますが、その脂のなかにいろいろな種類の脂肪分が入っているのがポイント。

特別な脂肪成分、共役リノール酸

共役リノール酸とは、初めて耳にしました。

不飽和脂肪酸のひとつのようです。

この、共役リノール酸に、脂肪代謝を高めてくれる働きがあると。

佐賀大学による研究で、共役リノール酸を含んだエサと含まないエサを肥満ラットに2週間食べさせ経過を観察。

共役リノール酸を含んだエサの肥満ラットは、高脂血症の発症や、内臓脂肪の蓄積を抑制することが分かったそう。

海外では人でも実験が行われていて、内臓脂肪を減少、お腹周りの脂肪の減少があるという報告が出始めていると。

先生によると、摂ればいいということではなく、あくまでもバターは油は油でカロリーは高いので、摂りすぎはよくなく、10g程度のバターを毎日摂るのがよいと。

バターの量を適量摂れば、味方になるようです。

バターの脂肪燃焼効果をより引き出す組み合わせ食材は、牛肉?豚肉?鶏肉?

正解は、牛肉。

牛肉には脂肪燃焼を促進するL-カルニチンの含有量が多いため。

L-カルニチン含有量(100gあたり)

牛肉 76㎎

豚肉 21㎎

鶏肉 10.2㎎

また、牛肉のなかにも共役リノール酸が入っているそうです。

もともとバターも牛から作られ、共役リノール酸は牛肉や乳製品に入っているのだそう。

L-カルニチン共役リノール酸のWパワーで脂肪燃焼が高まるということですね。

ちなみに、ハチミツは脂肪燃焼はしませんが、体内蓄積を抑制するので、太りたくない人はハチミツ、すでに太ってしまった人はバターがいいかもしれないと、ハチミツ博士。

脳の働きを活性化

バターに含まれる脳の働きを活性化する成分

最新研究より、バターの成分が脳の認知機能の低下を防ぐ!?

2015年の国立長寿医療研究センターによる8年間高齢者の食事を調査した結果報告によると、1日約9gのバターで含まれる中鎖脂肪酸の働きで認知機能低下のリスクが約16%抑制したという結果がでたそうです。

さらに、アメリカの研究では、中鎖脂肪酸を毎日20g定期間摂取することで、記憶力の低下を抑制したという結果もでているそう。

パン好き必見!

バターをパンに塗ることで、認知機能の低下を抑制できる!?

パン(穀物のみ)を食べている人と、パンにバター(中鎖脂肪酸)を塗って食べている人を
比べると、中鎖脂肪酸を一緒に摂った人の方が認知機能の低下を抑制するという結果が出ていると。

脳のために、バターと組み合わせたら良い食材は?

鮭。

魚の脂はDHA/EPAが多く含まれ脳にもよく、魚 × バターの組み合わせは脳を元気にすると。

北海道の健康長寿の方は、郷土料理の「ちゃんちゃん焼き」を食べていました。

野菜と鮭に火が通ったら味噌を入れ、仕上げにバターを乗せたら出来上がり。

鮭にお味噌にバター、ちゃんちゃん焼きって美味しそう~♪

「バターとハチミツは相性がいいい。
ハチミツに足りない脂質をバターが補い、
バターに足りない糖質をハチミツが補う。」

という先生のまとめ。(^-^)

*バターのビタミンEは、血管の酸化を抑え、血管をしなやかに若々しくします。

まとめ

バターは敬遠しがちでしたが、すごいパワーがあるんですね。

健康&美容を考えて、1日1食は、トーストにバター、ハチミツを塗り、シナモンを振りかけて食べるようにしようと思います。(^-^)