いまさら聞けない 「たなばたさま」の歌詞の意味まるわかり

7月7日は七夕ですね。

七夕飾りを見て、ついつい口ずさむのが七夕さまの歌・・・これは私だけ?

七夕の時に歌う童謡『たなばたさま』、 “ささのはさらさら、のきばにゆれる〜” ですが、この歌詞に使われている今ではあまり使われなくっている言葉の意味について簡単にまとめてみました。

たなばたさまの歌詞

作詞:権藤はなよ 作曲・下總皖一

ささの葉さらさら
のきばにゆれる
お星さまきらきら
きんぎん砂子(すなご)

五しきのたんざく
わたしがかいた
お星さまきらきら
空からみてる

たなばたさま「のきば」の意味は?

のきばは、軒端と書きます。

軒(のき)は、屋根が建物の壁面より外に出ている部分をいい、その端(はし)なので、屋根の軒先の先端部分のことをいいます。

外壁より外側の屋根部分である軒のない家もしくは少ない家が多く見られます。この記事では、軒のない家のメリット・デメリット、理想的な軒の長さなどについて解説します。

最近の日本の住宅は、昔から建っている周りの家と比べて、スタイリッシュに見える軒のない家や軒の出が少ない家が多いので、軒を知らない子も多いかもしれませんね。

たなばたさま「すなご」の意味は?

すなごは、砂子のことで金銀の箔を細かい粉にしたもので、蒔絵 (まきえ) ・色紙 (しきし) ・襖紙 (ふすまがみ) などの装飾に用いられるものです。

金銀砂子(きんぎんすなご)というのは、夜空に浮かぶ星々がきらきらきらめいて、蒔絵や襖絵に蒔かれた金粉、銀粉のよう見えるという意味で、砂子と表現したようです。

たなばたさま ごしきの短冊の「五色」とは?

ごしきは「五色」と書きます。

「五色の短冊」の「五色(ごしき)」は、中国の五行説にあてはまる五色で、緑・赤(紅)・黄・白・黒をいいますが、実際の短冊では、黒は縁起が悪いので「紫」が用いられます。

ちなみに、こいのぼりの一番上に飾られる五色の吹き流しも、この「五色」とルーツが同じのようです。

本来はこの5色ですが、他宗教や昔の染色の方法などの理由から「緑・赤・黄・白・紫」となっていることもあります。

五行説(ごぎょうせつ)とは、五行思想(ごぎょうしそう)とも呼ばれる古代中国に端を発する自然哲学の思想で、万物はの5種類の元素からなるという説。四季の変化は五行の推移によって起こると考えられ、方角・色など、あらゆる物に五行が配当されているといいます。

たなばたさまの歌を知っている人は95.4%でも・・・

10年ほど前にカルピス(株)が実施した『七夕に関する意識と実態』調査によると、「たなばたさま」』の認知度は、「よく知っている」54.5%と「だいたい知っている」40.9%を合わせて95.4%と、ほとんどの人がこの歌を知っているという結果がでました。

でも、たなばたさまの歌詞に出てくる笹飾りに付ける短冊の色数正しく「5色」と答えられた人は、33.8%と1/3でした。

ちなみに、私はこの33.8%に含まれていません。。。

歌詞の音のつながり

『たなばたさま』の歌詞では、行末や句末で似た音を繰り返す頭韻や脚韻などがちりばめられていて、歌にリズム感や躍動感が感じられゆになっているんですね。

例えば、

「ささの葉 さらさら」では 「さ」の音が繰り返えされ、「さらさら」が「お星さまきらきら」の「きらきら」と脚韻を踏んでいます。

「きんぎん砂子(すなご)」の「ご」と、「五色(ごしき)の短冊」の「ご」が同じ音になっています。

頭韻や脚韻は、イギリスで古くから口誦によって伝承されてきた童謡歌謡マザーグースの曲でよく見られる技法ですが、たなばたさまも偶然ではなく、作詞者の権藤はなよさんが意識して音をそろえたものだそうです。

このようなことを聞くと、たなばたさまの奥深さが感じられますね。

まとめ

たなばたさまは、素朴できれいな歌ですよね。

由紀さおりさん姉妹が歌う「たなばたさま」聴きたくなりました。(^-^)