土用の丑の日とは?うなぎをなぜ食べるの?素朴な疑問、風習サクッとまとめ

2020年の「土用の丑の日」は、7月21日と8月2日です。

でも、そもそも「土用」や「丑の日」って?

そして、なぜうなぎを食べるようになったの?

そんな素朴な疑問や、”うなぎ以外の”土用の丑の日の食べ物や風習などをまとめました。

土用の丑の日とは

「土用」って何?

土用というと夏を思い浮かべる方も多いと思いますが、「土用」は、暦の上で「雑節」とされているもので、各季節にあり年に4回あります。

土用は「土旺用事(どおうようじ)」を略した言葉で、立春、立夏、立秋、立冬前の18日間(または19日間)をいいます。

そもそも土用という言葉がどこからきたのかというと、古来中国から伝わった陰陽五行説から。

古来中国から伝わった陰陽五行説は、すべての事象を木火土金水(ぼっかどごんすい)の五気に割り当て、それらの循環で世界を考えます。

木火土金水を四季にあてはめると、春は木気、夏は火気、秋は金気、冬は水気と割り当てになりますが、季節は4つなので「土気」に割り当てるものがなかったのです。

五行説の重要な構成要素の「土気」がどこにも分類されないことになり、季節の変わり目である立春・立夏・立秋・立冬の前18日間(19日間の場合も有り)を「土気」に分類し、土用「(土旺用事(どおうようじ)」を略した言葉。)と呼ぶようになったようです。

陰陽五行説

陰陽五行説は、全てのものが陰と陽で構成されるという「陰陽の思想」と、木・火・土・金・水の5つの気から成り立っているという「五行思想」が結びついて生まれた思想です。

「土用の丑の日」って?

昔の暦では、日にちには十二支が割り当てられていて、十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)で数えていました。

土用の約18日間にめぐってくる丑の日を「土用の丑の日」といいます。

季節ごとに「土用の丑の日」がありますが、今では主に夏の土用をさすようになりました。

土用は約18日間あるので、日にちを十二支で数えれば、「土用の丑の日」が2度巡ってくる年もあります。

そこで1度目を「一の丑」、2度目を二の丑と呼んでいます。

2020年は「一の丑」と「二の丑」があります。

  • 土用入り 7月19日
  • 「一の丑」7月21日
  • 「二の丑」8月2日
  • 土用明け 8月6日

土用の丑の日にウナギをなぜ食べる きっかけとは?

今のように土用にウナギを食べる習慣が一般化したきっかけは、幕末の有名な蘭学者の平賀源内が、近所の鰻屋さんから夏場にウナギが売れないので何とかしたいと相談を受け、「土用丑の日、鰻の日。食すれば夏負けすることなし」と書いた張り紙を張り出したところ、大当たりし、他の鰻屋さんも真似するようになり、次第に土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したといわれています。

また、丑の日にちなんで、頭に「う」のつく食べ物を食べると夏負けしない、という風習がもともとあったことも鰻がよりヒットした理由なのだとか。

「土用の丑の日」に食べるのは、うなぎだけじゃない!

土用の食べ物

夏の土用の丑の日のうなぎは有名ですが、昔からこの日に「う」のつくものを食べると病気にならないといわれてきました。

ちなみに、土用の丑の日には「う」のつく食べ物を食べると、体調を崩さずに過ごせると考えられていました。

うなぎが土用の丑の日に食べられるようになったのは江戸時代。

それ以前は、梅干し、うどん、馬の肉などが食べられていたそうです。

さらに、「う」が付くわけではないですが、土用餅(あんころ餅)、土用しじみ、土用卵(土用に産み落とされた卵)も。

どれも、食欲がなくなる夏に食べやすいものですね。

土用の風習

食べ物のほかにも、「土用の虫干し」や「丑湯」の風習があります。

夏の土用は梅雨明けと重なるため、大切なものを風に当てて湿気をとるために虫干しが行われていたんですね。

昔は着物や履物だけでなく、掛け軸や書物も虫干ししていたようです。

また、土用の丑の日には、夏バテ防止や疲労回復のため、薬草を入れた「丑湯」に入る風習があります。

おススメの浜名湖産うなぎ

鰻といえば浜名湖、浜名湖といえば鰻と連想する人は多いと思います。

鰻の養殖は、明治時代に全国に先駆けて浜名湖で始まったんです。


まとめ

夏は食欲が落ちて、どうしてもさっぱりした食べ物に傾きがちですが、そんなときには、疲労回復に効くビタミン類や脂質をたっぷり含むうなぎは、夏バテ防止にはぴったりですよね。

とはいっても、ちょっとお高くて、なかなか手が出せなくなってきました。。。(-_-;)